闘え!らーめんまん。◆サラリーマンのらーめんの食べ歩きブログ◆・・・(ランキング・検索)

らーめん未開拓店舗訪問が趣味のサラリーマンが歩くブログです。

    2009年12月

    個人的評価:★★★☆☆

    色々な種類のらーめんがあるが、ここはまずは「白」
    鶏白湯と、白醤油ということで、スープはやはり白い
    意外に「魚介のダシ」が大いに感じられる一杯
    すすると、、、トロッとした感じなのに、油は感じず、すぅぅぅ~と喉を通る
    喉を通るごとに、たしかに鶏の味がする美味しい水炊きのスープに似てるんかな
    それに絡む麺は平打ちで、もちもちしていて、好きなタイプ
    チャーシューは厚切りトロットロのが1枚、もう一つ薄切りのチャーシューが1枚と2回楽しめる
    全体的には濃厚ではなく、よりコクがあるさっぱり系
    テーブルにはコショーの他に「岩塩」らしき薄いピンクの塩が置いてあり、コショーと共に振り掛けると、、、、、かなり美味くなります鶏にはやっぱり塩

    個人的評価:★★★☆☆

    ここの嬉しいのは、大・中・並盛り全部が同額ということ
    スープは見た目背脂が浮いてるけど、全然脂っこさを感じず、ぎとぎと・こってりの苦手な人でも食べやすい
    いわゆる豚骨という独特のクセもない。あっさりしたこれが「東京豚骨」
    麺は中太ちぢれで、スープによくからむ食感も少しですが、もちもちしたところがあり好みかなでも「固め」と注文したほうが良いよチャーシューは薄くペラペラな感じで、味はごく普通。メンマの食感は少し柔らかめで、味は薄いほう。トッピングの煮玉子は1個を半分に切っていて半熟やね

    個人的評価:★★★★☆

    僕が知る限り、秋葉原で1、2を争う一杯
    ラーメンは黒い器に入れられ、チャーシュー2枚、味玉、メンマ、刻みネギ、水菜、海苔がトッピングされてる
    スープはやや少なめで、薄茶色に濁った表面には僅かに背脂が浮き、飲んでみると魚介系の風味がやや強いWスープで、まろやかながらコクのある旨さを感じた
    自家製という麺は、やや黄色っぽい平打ちの中細縮れ麺で、程よいコシと歯応えのある麺
    2枚乗せられたチャーシューは大ぶりで厚みもあり、トロトロの柔らかさと質感、旨みがある、美味い
    細切りメンマや水菜のシャキシャキ感も良かったし、味玉の黄身は鮮やかなオレンジ色のねっとりした半熟で甘みを感じられる
    シンプルだけど美味いなぁ、このらーめん

    個人的評価:★★★★☆

    鬼金棒と書いて「きかんぼう」と読むらしい
    らーめんの上に乗っているヤングコーンはまさに金棒を表している
    『カラシビ味噌らーめん』の「カラシビ」とは辛くて痺れるという意味で、魚介と豚骨の濃厚Wスープで作った白味噌のスープに唐辛子と山椒油で辛さと痺れをプラスした、言うなれば濃厚味噌坦々麺みたいな感じ
    辛さと痺れは5段階を選べるけど、最初は普通くらいがエエんかな、結構辛いよ
    本格的な坦々麺や麻婆豆腐で感じるような唐辛子の辛さと後で口の中に残る山椒の痺れが特徴的スパイス以外のベースとは豚骨と魚介のWスープですが、豚骨が強く、さらに背脂を散らしたいるので、濃厚こってりに感じる
    麺はこの濃厚こってりスープに合わせて太めの縮れ麺で、肉はチャーシューというよりも角煮っぽいものが乗っていてボリューミーですインパクトのあるらーめんを目指してるんやろな

    個人的評価:★★★★☆

    メニューを見ると、味噌と醤油のつけそばで、それぞれトッピング入りのメニュー
    お店の人に聞くと、「味噌角煮つけそば」が人気との事なので、高かったけど、その角煮入りのつけそばを注文した
    さてここのつけ麺、まず麺がスゴイこんなに腰があって歯応えも良く、存在感がある麺って他にないんちゃうかな、かなり美味しかった
    今回は標準的な麺を頂きましたが、他にも変わった麺を食べさせてくれるらしいので、次回はまた別の麺・メニューも楽しみ
    さて味噌味のスープですが、自分的にはか少し塩辛かったかな一口目は良かったんですが、食べれば食べるほど濃く感じました
    麺の上で主張している角煮も、柔らかくて味がしみ込んでいて美味しかったですが、これも自分にはちょっと塩辛かった全体的にもう少しマイルドな味のほうが好みやね
    スープは少し微妙でしたが、麺は本当に美味しかったので次回は醤油味で、リベンジを

    個人的評価:★★★☆☆

    ごまとんこつらーめんです
    珍しく行き当たりばったりで入店
    らーめんを含め、サイドメニューが充実しているお店でしたが、迷うことなく、お勧めの「ごまとんこつらーめん」にしました
    麺は自家製麺で丁度良い太さ、スープも胡麻の風味をしっかりと活かしながら、そしてとんこつの味もしっかりしている美味い
    大盛りを注文してしまった為、やや重かった

    個人的評価:★★★☆☆

    ネギチャーシューを注文
    まろやかな醤油ベースのスープ、そして辛めのネギチャーシューがベストミックスまろやかで美味い
    昔ながらの歯ごたえのある刻みチャーシューがこれまた嬉しい
    スープは鶏ガラ主体の中華そば系、チャーシューは味がしっかりついているショッパからず甘からずの絶妙な旨さ
    正直普段から、あまり納得していない二郎ラーメンのパサパサな肉とは大違い
    伝統的支那そばの王道の味がここにある。
    バランスのよい中華そばの筆頭といっても過言ではない。

    個人的評価:★★★☆☆

    薄茶色いトロみのある豚骨スープに中太の緩いちぢれ麺の組合わせ
    具はたっぷりの刻み白ネギ、山クラゲ数本、小さいチャーシュー1枚、味玉丸々1個、メンマ3本、それと大きな海苔が1枚 海苔には白く店名とこの店のトレードマークの大将の立ち姿のシルエットが描かれてる。

    スープはなんとも滑らかで、豚骨の旨味がトロトロに溶け込んだ円やかな味わい豚骨醤油の部類だが、横浜
    家系のとは異なり、しょっぱくないし、ギトギトもしていない。このトロみはゲンコツを10時間ぐらい強火で煮沸する製法かなさらにもう一口味わうと、今度はゲンコツだけではない、アタマの骨を煮込んだ時の博多長浜系の様な臭いもわずかに感じる。う~ん…、これはなんちゅう繊細なトンコツや適度な臭みとスープの比重と粘度、それに滑らかプリンのような口当たり。そして深みのある味わいと円やかさ。これはトンコツのオーケストラや~良い意味で万人受けする新しいタイプのトンコツ美味いっ

    個人的評価:★★★★☆



    上に乗っている「排骨」が最高



    食券を選んでから店員さんに辛さを伝える、1~5段階まで選べます



    具は、刻みネギ、白胡麻、挽肉とモヤシ、ニラ、キクラゲを炒めた野菜炒めです

    スープはかなりトロリとして濃厚な感じ

    四川料理店によくあるタイプの担々麺はサラサラスープですが、こちらは結構とろーり系

    そして胡麻の香りも結構しますが、それ以上に干し海老の風味を強く感じました



    麺は四川料理店の担々麺の多くが極細ですが、こちらは中太でモッチリとしたタイプ

    スープが濃くて重厚なタイプなので、しっかりとした麺は良く合ってるね

    このページのトップヘ